妊娠中のつわりの悩みと解消法を紹介!症状を軽くする方法とは?

妊娠中のつわりの悩みと解消法を紹介!症状を軽くする方法とは?

一般的につわりは、妊娠5週目頃から妊娠16週目頃まで起こります。つわりが起きる原因は完全には解明されていませんが、様々な工夫をすることで症状が和らぐ場合もあります。

つわりを少しでも和らげ、ゆったりとした気持ちで妊娠期間を過ごしましょう。

つわりは妊娠初期に多くの妊婦さんが経験するものですが、その症状や程度は個々によって異なります。中には軽い不快感だけで済む方もいれば、日常生活に支障をきたすほど重症の方もいます。この記事では、具体的な症状とその対処法を詳しく解説し、さらにハーブティの効果についても紹介します。ハーブティは自然の力でリラックス効果をもたらし、つわりの軽減にも役立つと言われています。

妊娠中のつわりの悩みと解消法

妊娠中に感じるつわりの悩みと、それぞれの解消法を紹介します。妊娠中につわりが起こる原因は解明されていませんが、よくあるつわりの症状は以下の3つです。

  • 食べつわり
  • においつわり
  • 吐きつわり

症状や解消法を順番に確認しましょう。

 

食べつわり

食べつわりは、空腹になると吐き気を感じるつわりです。食事をしてから数時間経過した後、お腹が空いた状態で食べつわりになることが多く、食べたくないのに食べなければならない場合もあります。

対処法として、空腹時間を作らず、少量でも定期的に食べるとよいでしょう。食べたくない場合に食べつわりが起きてもよいように、ラムネ・飴・チョコレートなどを用意しておいてもよいです。
食べつわりはお腹が空くと感じるつわりなので、カロリーは気にせずに食事をとりましょう。

また、オーストラリアの研究では、食べつわりには生姜が効果的であることが発見されました。生姜を使ったハーブティもおすすめです。
生姜の効能である抗炎症作用が、胃の不快感を和らげるのに役立ちます。さらに、ミントやカモミールなどのハーブも、食欲を促進し、消化を助ける効果があります。

これらのハーブティを取り入れることで、自然な方法でつわりを軽減することができます。

 

においつわり

においつわりは、特定のにおいを嗅ぐと吐き気を感じるつわりです。米を炊いたときや、スーパーの鮮魚コーナーなど特定のにおいを感じるとにおいつわりになることが多く、吐いてしまうこともあります。

対処法として、においが発生する場所を避けましょう。妊娠中は今まで気にならなかったにおいが気になり、吐き気を感じます。突如においを感じて吐いてしまわないように、マスクやハンカチを用意しておくとよいでしょう。

また、心を落ち着かせるハーブの優しい香りもおすすめです。

ペパーミントやカモミールのハーブティは、リラックス効果があり、においに敏感な時期でも安心して楽しめます。
ハーブティは自然の香りで気分を落ち着け、リラックスする効果が期待できます。特にカモミールティーは、安眠効果もあるため、夜のリラックスタイムに最適です。

においつわりを軽減するためには、環境を整えることも重要です。

家の中を常に換気し、空気を新鮮に保つことで、不快なにおいを減少させることができます。また、アロマディフューザーを使用して、ハーブの香りを部屋中に広げると、よりリラックスした空間を作り出すことができます。

 

吐きつわり

吐きつわりは、食べると吐き気を感じるつわりです。

対処法として、吐き気があるときに無理して食事をすることはなく、スープや炭酸水などで水分補給をしましょう。産婦人科で吐き気止めの処方をしてもらったり、姿勢を変えてもよいですね。眠るときも横向きや仰向けなどさまざまな姿勢を試してみましょう。

また、吐きつわりにより食事ができない場合は、赤ちゃんに必要な栄養が行き渡らない可能性があります。そのため、吐きつわりがひどい場合は医師に相談してください。医師の指導のもと、適切な対処法を取ることが大切です。

吐きつわりを軽減するためのもう一つの方法は、冷たい飲み物を飲むことです。
冷たい水や炭酸水は胃を落ち着かせる効果があります。また、ハーブティもおすすめです。ミントティーやレモングラスティーは、消化を助け、吐き気を抑える効果があります。

これらのハーブティは、さっぱりとした味わいで、妊娠中でも飲みやすいです。

 

つわりの悩みを軽くするには?

食べつわり・においつわり・吐きつわりなど症状によって解消方法は異なりますが、軽減するために工夫をしましょう。

たとえば旦那さんに相談したり、服装を考えることなどがおすすめです。

においつわりが起きやすい料理や買い物は、旦那さんに手伝ってもらいましょう。つわりの辛い症状を旦那さんに相談すると、気持ちが楽になります。

また、つわり時期の服装を工夫するとよいでしょう。

洋服やベルトなどの締め付けが原因でつわりが起きる場合もあるため、ゆったりとした洋服を選んでください。

素材も重要で、通気性の良い綿やリネンなどを選ぶと快適です。さらに、ストレスを感じない環境を作ることも大切です。リラックスできる音楽を聴いたり、軽い運動をすることもつわりの軽減に役立ちます。

心地よい環境を作るために、ハーブティの香りを取り入れるのも効果的です。ハーブティは心を落ち着かせ、リラックス効果があります。特に、ラベンダーやカモミールなどのハーブは、ストレスを軽減し、気分をリフレッシュさせる効果があります。

リラックスタイムにハーブティを楽しむことで、つわりの症状を和らげることができます。

 

まとめ

妊娠中のつわりの悩みと解消法を紹介しました。

食べつわり・においつわり・吐きつわりなど、つわりは症状によって解消方法が異なります。辛い症状に合わせて対応し、症状がひどい場合は担当医師に相談しましょう。

また、ハーブの香りもリラックス効果があるためおすすめです。

エンジェルティは、現役の精神科医と薬剤師監修の元、産前産後の妊娠初期〜中期〜後期から産後に渡り、3つの時期に毎に妊婦さんに不足しがちな栄養素を考えて商品開発を行いました。

ノーカフェイン&有機JAS規格。妊娠中から授乳期にかけてのお母さんと赤ちゃんの健康と安全を最優先に考えた自然由来の成分を使用しています。

Back to blog